安定的な利益を上げるためにもブランディングは大切

商品やサービスを購入する時に、「この企業の○○というブランドは間違いないから大丈夫」と新商品を手にしたことはないでしょうか。

そのくらいブランディングをすれば、顧客に影響を与えます。

大手企業では○○シリーズなどとブランディングし、改良した商品や新商品を販売して売上を出しています。

良いイメージを持って継続的にお客様に購入してもらうためにも、ブランディングは欠かせないものです。

ブランディングとは?

なんとなくブランディングの意味はわかっていても、しっかりとわかっていない方もいるのではないでしょうか。

意味としては、企業が出している商品やサービスが他のものと違いを認識して識別されているものを言います。

同じバッグでも、ブランディングされていれば他社のバッグとは違うものと認識されています。

特に何もない場合、他社との違いがわからないため、どこで購入しても一緒だと思われてしまうのです。

商品ブランディング

他社とは違う独自の特徴をわかって認められて価値がわかれば、この企業の商品やサービスだからと購入するようになります。
たとえば、ブランドバックを購入する時にも形は色が同じようなものを販売していても、○○というブランドだから質が違うと思って高い料金を払ってでも買います。
多少値段が高くても価値があるとお客様が感じて購入してくれるため、価格競争からも距離を置けるのです。
大企業だけではなく中小企業でも使える戦略なので、顧客から良いイメージを持ってもらい選んでもらえるためにも、ブランディングを上手に活用しましょう。

ブランディングを行う順番

効果的なブランディングを行うためにも、順を追っていく必要があります。

まずはなんとなくブランディングするのではなく、今の状況を把握しどのようにすれば顧客に良いイメージを与えられ差別化してもらえるかを考えます。

自社に目を向けるだけでなく、同じような商品や製品を販売しているライバル会社も分析をしましょう。

商品ブランディング

まったく同じような宣伝や商品内容のままでは差別化が図りにくいため、自社ならではの強みを把握し分析します。
現在取り巻く環境から今後のトレンドを把握し、求められている商品かどうかも見ていきます。
分析が終わったら、今度はどのようなコンセプトでブランドを作るか具体的に考えていきましょう。
コンセプトがしっかりと決まらないと、利用者から見ても商品やサービスと合わないブレたものに見えてしまいます。
イメージが定まらないと他社の差別化も図りにくくなるため、ブレないコンセプトにしましょう。
その後、広告を出していき、自社のブランドを前面に宣伝して覚えてもらうようにします。
ロゴやキャッチフレーズを考え、それを見たらすぐに「○○だ」とわかってもらえるように宣伝していきましょう。
インパクトに残るようなものだと、他社との差別化も図りやすくなります。広告を出した後は、具体的にどの程度ブランディングに成功したかどうかを見ていきます。
アバウトに見ていくのではなく、数値化してどの程度の効果があったのか見ていきましょう。
分析をして効果がいまいちな場合は、手法を変え見直す必要があります。

ブランディングを順番通りに行った後の効果

細かく分析をして広告を出してどの程度結果があったのか見ていくと、利益が上がります。

計画的にブランディングしていくため、お客様から見ても「○○であればすべて良い商品やサービス」というイメージがつくため、リピートして利用してもらえるようになります。

たとえば、化粧品のブランドでも美容液が良ければ、化粧水や乳液、ファンデーションまでも良い製品に見えるのです。

推している商品のほかのものも、同じブランドの仲間として良いイメージで見てもらえます。

商品ブランディング

リピート客が増えれば、長期的にも企業として売り上げがあるため安定します。
今後新商品を出すという時にも、細かく分析し一貫性を持っているためブレないより良いものを作れるのもメリットです。
ブランドとして統一感がないような商品よりも、コンセプトがブレない新商品であればお客様も試しやすくなります。
新しい商品だとしても、まったく使ったことのないような不安を感じる商品のイメージがなくなるため利用してもらえます。
実際に使ってみて良いと感じられれば、新しい商品も人気が出やすくリピートしてもらえるようになるのも早いでしょう。
お客様に「この○○というブランドなら何を買っても間違いない」と思ってもらえれば、継続的な利益が得られます。

まとめ

ブランディングと聞くと大企業が行っている戦略と感じるかもしれませんが、実際はどの企業でも利用できる方法です。
まずは自社やトレンド、ライバル会社などを分析して宣伝して認知してもらって、安定的に購入してもらえるようにしましょう。
ブランディングとして成功できれば、「○○を使う時には●●のブランドを利用したい」と思ってもらえリピートしてもらえます。
ブランディングを順番通り行うことでブランドのブレがなく、長期的な利益につながり成功しやすくなります。

やりたいことを上手く伝える自信がない!
聞いてみたいけど営業がしつこかったらどうしよう?
ファーストステップにお任せください。
じっくり相談でも、お任せスタイルでも、ご予算に無理のない範囲で最大限の成果を。
メールやSNSで気軽に質問、時間や場所に囚われないオンラインビデオ会議、貴社ご訪問で打ち合わせ…ファーストステップは柔軟に、あなたの「やりたい」にお応えします。

無料相談

ウェブサイト制作のご相談やご質問などお気軽にお問合せ下さい。
tel.052-414-7327
営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

無料相談フォーム 》

主な訪問エリア
名古屋市、あま市、津島市、大治町、蟹江町、清須市、稲沢市、弥富市、一宮市、北名古屋市、愛西市、尾張旭市、飛島村(その他の地域、都道府県もまずはご相談ください)

ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

関連記事

無料相談

ウェブサイト制作のご相談やご質問などお気軽にお問合せ下さい。

tel.052-414-7327

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

無料相談フォーム 》
最近の記事 おすすめ記事
  1. 会社情報ページの作り方のコツや必要性について

  2. ホームページ制作で心得たい見た目・レイアウトの統一感の重要性

  3. ホームページで実績紹介・施工事例を掲載するメリット

  1. 魅力的な製造業のホームページ制作・リニューアルの仕方覚よう

  2. 経営者は要チェック!看板デザインのポイント

  3. 欲しい人材が集まる求人用ホームページとは?

First Step Design|Facebook

TOP