愛知県あま市・稲沢市・津島市|ホームページ制作

MAIL
無料相談
電話相談
Line相談
制作実績
WEB制作
Web制作

AI「ChatGPT」による記事作成の仕組みとメリット・デメリットをご紹介

blank

今よりももっと効率良く記事作成を行って、アクセスを集めたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
最近では、AIによって自動的に文章が作成できるようになり、便利な世の中になりました。
これなら、今まで文章に費やしていた時間を短縮して、記事作成ができるのではないかと期待を膨らませているかもしれません。こちらの記事では、AIによる記事作成の仕組みやメリット、デメリットを中心にご紹介します。

AIで記事作成する仕組みとは?

AIツールは昔よりも進化し、最近は大きな話題にもなっています。特に世界中でも有名なChatGPTは、どこかで名前だけでも聞いた経験がある方も多いのではないでしょうか。ここからは、AIで記事作成する仕組みやこれまでのAIとの違いなどについて詳しくご紹介します。

どんな仕組みで記事作成をするのか

AIに記事作成を頼むと、まずデータの収集を始めます。インターネット上には、これまでのさまざまな文章がありますので、その中から該当するものを自動的に抽出します。この時、テキストで書かれている文章のほかに、画像や音声などのすべてを参考にすることが可能です。
より多くの情報をもとに、文章へと活かします。今度は、収集したデータをAIに学習させ、文法や単語の意味などを教えます。できる限り不自然な文章にならないように、ルールやパターンなども学習させることも可能です。しっかりと分析と学習をさせたら、AIが持つ知識をもとに文章を作ります。キーワードの指定も可能なため、その条件に合う文章を作成します。

キーワードは重要になる

AIによる記事作成を行う際は、キーワードが大変重要です。万が一少しズレてしまった質問の仕方をしてしまうと、見当違いのテキストや画像、音声を学習してしまい、思ったような文章ができあがりません。できる限り細かくキーワードを入力するようにすると良いでしょう。

キーワードは重要になる

対話をするような文章生成をする

AIで文章を作る場合は、対話をして相手の質問に対して回答するような感覚で生成します。大変わかりやすい文章になりやすく、相手にも伝わりやすい構成で作れます。さらに、ネット上にある膨大なテキストや画像などを分析して文章生成してくれるため、人間が手作業では難しい面もカバーしている点も特徴です。

生成AIは従来とは違うのか?

これまでも、AI自体は存在しており、出たばかりの頃は特に話題になっていましたが、生成AIに比べるとできる部分が限られていました。人間側が与えた学習データの中からピッタリな回答を探すことも可能でしたが、AI自ら生み出すのではなく予測しながら探しているのが特徴でした。
生成AIの場合、人間が答えを提示しなくても、膨大なデータ量の中から最適な回答を作り出せます。何もないところから適切な回答を生み出せるため、生成AIと呼ばれています。探すだけでなく生み出せる点が注目され、生成AIは話題になりました。

ブログ記事も簡単に作れる

生成AIでは自らが作り出す力があるため、ブログ記事も簡単に作成できます。文章を作成する際に必須となるキーワードを入力すれば、AIが短時間で膨大な情報を分析してブログ記事を作成してくれます。さらに、まるで人間が対話しているような自然な文章も考えてくれるため、普段自分が考えている構成とほとんど変わりのない記事作成も可能です。

ブログ記事も簡単に作れる

ルールベースと機械学習型がある

AIで記事作成を行う場合、ルールベースと機械学習型があり、それぞれ特徴があります。まず、ルールベースを活用する場合、利用する人がどんな文章を書いてほしいのか、事前に決まりを指定して、AIが文章を生成します。入れておきたいキーワードを事前に設定し、ルールを指示すれば、AIが要望に応えて文章を作成してくれるため便利です。
機械学習型を利用する場合は、さまざまなテキストデータをAIが確認をしてパターンを勉強した後に、同じような流れで文章を生成してくれます。どのように文章が構成されているのかに沿って作成してくれるため、以前の文章と同じように記事を作ってほしいと思った時にも便利です。どんな表現や文体を使っているのかも細かく学習してくれるため、助かるでしょう。

AIで記事を作っても高品質であれば問題ない

自分で考えた文章ではなくAIが書いたとなれば、Googleで検索をしてもらう時に上位に表示されないのではないかと心配な方も多いのではないでしょうか。SEO対策をする際に、AIが不利に働いてしまうのかと感じるかもしれません。Googleでは、コンテンツの作成方法は問わずにオリジナルで高品質であれば良いとしているため、AIを使った文章だからダメとはなりません。大切にしなければならないのは、見ている人に有益な文章であることです。逆に人の手で書いていたとしても、有益なコンテンツではないと判断されれば、低評価となり上位には表示されません。

AIを使って記事を書くメリット

AIを活用して記事を書けば、今までよりも楽になる点が増えます。もっと効率良く記事を書きたいと考えているならば、ぜひ試しに使ってみても良いでしょう。ここからは、AIを使って記事を書くメリットについてご紹介します。

費用を安く抑えられる

AIを使って文章が書けるようになると、今まで高品質な記事を書くために調べていた費用を浮かせられます。リサーチをしっかりと行おうと思うとある程度費用がかかってきますが、膨大な情報を参考に文章を書いてもらえるため、効率的に感じるでしょう。自分たちだけでは間に合わずに外注していた場合も、AIに任せることができればコストがかかりません。費用が浮いた部分で、ほかへ回すことも可能になります。

費用を安く抑えられる

スピーディーに仕上げられる

AIで記事作成を行えば、スピーディーに文章を仕上げられます。人間が調べて書こうと思うと、ある程度の時間が必要です。思ったような参考になるテキストが見つからない場合、あらゆる角度から調べるとなると結構な時間がかかります。しかし、AIの場合は、すぐに膨大な情報を学習して必要な部分を参考にできるため、早く文章を作成できます。人間が一度に調べられる量とは比べ物にならないくらいの情報から最適なものを選び、文章を仕上げてくれるので助かるでしょう。
これまで、調べる時間も含めると何時間かかかっていた文章も、AIが行えば5分前後で終わってしまいます。短縮できたらほかにも時間をかけたいと思っていた作業に使えるようになるため、全体的な仕事の作業としても効率化を図れます。

長い文章の要約も簡単

記事について長い文章をもっとわかりやすく要点だけを伝えたいと思って文章作成することもあるでしょう。AIを使えば、長い文章も簡単に要約してくれます。得意分野でもあるため、大切な文章はしっかりと残しつつ、ほかは省いてくれるため助かるでしょう。さらに、要約をした後も自然な文章になるように流れを考えることも可能ですので、読みやすい構成に仕上がります。ほかにも、タイトルや見出しなどもすべて考えてくれるため、楽に感じるでしょう。

長い文章の要約も簡単

商品説明も任せられる

AIは一般的な文章を書くことが得意ですので、自社の商品説明も安心して任せられます。ユーザーにわかりやすく魅力的な文章をいくつも考えるのは大変ですが、AIはすでに紹介されている商品説明なども膨大な情報から適したものを選び、簡単に作成してくれます。
入れてほしい単語やキーワードを入れておけば、魅力を漏れなく伝えられるでしょう。学習する元データがあれば、安心してAIに任せられます。

情報収集も簡単になる

魅力的な文章を作成するためにはオリジナル性も大切ですが、情報収集も欠かせません。しかし、人間がさまざまな情報収集を行おうと思うとすれば、膨大な時間がかかります。特に、重要な文章で複数の参考記事を見ながら作成しようとすると、文章を書いている時間よりも調べている時間が長くなります。
参考記事はただ調べれば良いのではなく、理解を深めなければならない点も大変です。AIを活用できれば、情報収集が早いです。自分たちで情報収集するよりも効率アップが図れます。

多数のジャンルに対応している

特定のジャンルだけでなく、さまざまなジャンルの文章を書けるのがAIです。
人間の場合、ある程度知識があって得意なものから、あまり経験がなく苦手なジャンルまであるものです。AIは、まず知識をインターネットの中にある膨大な情報から学習するため、得意不得意などが関係なく高品質な記事を作れます。ブログの記事をもっと充実させたいと思った時に、自分たちが得意ではない分野の場合、AIに任せることも可能です。

blank

品質も保ちやすい

人間の場合、得意分野で気持ちも乗っている時には高品質な文章が書けても、コンディションによってはそうはいかない場合もあります。読み手側も、普段と文章が違うと感じ、ユーザーが離れてしまう危険性もあります。AIが記事作成を行えば、人間のようなコンディションは関係ないため品質を保ちやすくなるのです。インターネットから瞬時に膨大な量を参考にし、一定の基準を満たした文章しか作りません。

AIで記事作成をするデメリット

AIを使えば、簡単で効率良く記事作成ができるため便利ですが、残念ながらデメリットもあります。ここからは、どんな点がデメリットとなってしまうのかご紹介します。

著作権を侵害してしまう可能性

人間が参考にした記事があったとしても、自分の言葉や考えなども交えながら考えた文章であれば、ほかにある記事とほぼ同じになってしまうことはありません。書き手のクセや言い回しなどがミックスされると、さらに違う文章になりやすいです。
しかし、AIはすでにインターネットにある記事を参考にしているため、構成や文法などもすべて真似てしまうと、元記事とほぼ一緒の文章になってしまう可能性があります。文章の構成としては立派で間違いがなくても、著作権の侵害へとつながってしまう可能性があるのです。何も検証せずにAIが作成した記事を公開してしまうと危険です。

著作権を侵害してしまう可能性

体験談や口コミは苦手

実際に人間が体験した感動を文章にするのは、AIにとって難しい作業です。ある程度体験談や口コミの書き方をインターネットの情報を通して学んだとしても、ありきたりで嘘くさい文章になってしまう可能性があります。
AIは実際に体験をしていないため、学習していないものの記事を書くのは苦手です。さらに、構成や文法を理解できても、人間の心の中までは理解ができません。書く時には、人間の手も加えてあげることが必要です。

実際に読んでみると違和感のある文章の可能性

AIは、知識があってしっかりとした文章を書いてくれるイメージがありますが、実際読んでみると不自然な表現が含まれているケースもあります。何もチェックせずに記事として公開してしまうと、読み手側にも違和感を与えてしまうでしょう。AIを使って文章を作成した時には、一度読み返してみて違和感がないかどうかもチェックしてみましょう。

有料プランを利用しても満足いかない可能性

無料でAIを使って記事作成はできますが、ある程度決まった回数しか使えないケースも多いです。より数をこなしていきたい場合には、有料プランを選択するしかないと感じるかもしれません。
有料プランを契約すれば思っていた以上のクオリティを感じさせる文章になるかといえば、そうとは限りません。無料プランに比べれば多くの記事数を作成できますが、実際に作られた文章に間違いも出てきてしまいます。せっかくお金を出しても、結局自分たちで手直しをしなければならない点もあり、数多くの文章をこなすには大変に感じてしまうかもしれません。

オリジナリティに欠ける

AIはあくまで学習した文章しか書けないため、一から発想力を豊かにオリジナリティなものは作れません。インターネットの中にある膨大な情報から文法や構成を学んで、そこを忠実に守りながら文章を作ります。人間が持っている独創性を完全に再現することは、今の技術では難しいです。
人間が書いた文章にはその人が持っている感性や創造性が加わるため、より相手の心を惹きつけやすいのも特徴です。機械が淡々と書いたわけではない文章だと感じられるため、ファンになってもらえる可能性も高くなります。

オリジナリティに欠ける

AIで記事作成についてのまとめ

AIを利用すれば、記事作成も効率アップでき、これまでかかっていた手間を抑えることが可能です。特に、自社の商品説明や簡単なブログ記事を作ってほしいと思った時には活用してみると良いでしょう。無料版では記事の作れる数が決まっているため、ある程度多くを作成したい場合は有料版がおすすめです。
ただ、有料版であっても文章の間違いはあり、最後に人の手で直す必要があります。すでにあるインターネットの文章を参考にしていてオリジナリティにも欠けてしまうため、結局は自分たちで文章を考える手間が発生してしまう点もデメリットです。AIを使って記事作成をする時には、デメリットも踏まえたうえで活用すると良いでしょう。

やりたいことを上手く伝える自信がない!
聞いてみたいけど営業がしつこかったらどうしよう?
ファーストステップにお任せください。
じっくり相談でも、お任せスタイルでも、ご予算に無理のない範囲で最大限の成果を。
メールやSNSで気軽に質問、時間や場所に囚われないオンラインビデオ会議、貴社ご訪問で打ち合わせ…ファーストステップは柔軟に、あなたの「やりたい」にお応えします。

主な訪問エリア
名古屋市、あま市、津島市、大治町、蟹江町、清須市、稲沢市、弥富市、一宮市、北名古屋市、愛西市、尾張旭市、飛島村(その他の地域、都道府県もまずはご相談ください)

Contact

無料相談

Webサイト制作のご相談やご質問、ご不明点などございましたらこちらよりお問い合わせください。まずは、お気軽にお電話、ご相談・無料でお見積もりを作成いたします。

電話番号

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

お問合せフォーム  無料相談・お問合せフォーム
ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. blank

    画像生成AI: 仕組みとメリット・デメリットを解説

  2. blank

    AI「ChatGPT」による記事作成の仕組みとメリット・デメリットをご紹介

  3. blank

    CTAとは?概要・CTAボタンの作り方などをわかりやすく解説!

PAGE TOP