愛知県あま市・稲沢市・津島市|ホームページ制作

MAIL
無料相談
電話相談
Line相談
制作実績
WEB制作

ネットショップ・ECサイト制作

blank



E-commerce Site

ネットショップ・ECサイトとは

ECサイト(Electronic Commerce)は、日本語訳すると『電子商取引』、所謂ネットショップです。インターネット上に開設した販売用サイトで、カート・決済システムにより、消費者は便利に買い物ができ、販売者は全国どこでも消費者に売ることができるので、双方にメリットの大きいシステムサイトです。ECサイトは、主に2タイプありWebショッピングモール型と自社サイト店舗型です。

Amazon・Yahoo・楽天などのショッピングモール型は、集客力があることがメリットです。そして既に決められたシステムに商品を登録して販売していきます。そのため、デザインも規格内に収めるので、ブランディングを追求したい販売元の場合は制限を感じやすいです。
モール型は、他社との価格比較と店舗・商品へのレビューが消費者の判断基準にされやすいので、顧客対応に留意しながら、取扱い商品は反響により営業戦略練ります。
入荷商品を柔軟に変えられたり、販売数をこなしてコストを上回る利益が期待できる商品だと運営しやすいでしょう。月々の出店料と販売手数料(売上の数%)は、モールにより規定が違うので契約時に比較検討が必要です。

一方、自社販売型サイトはデザインなど自由に表現できてブランディングがしやすいことがメリットです。
自社のオリジナル商品をブランディングして販売したい、企業のブランド力を魅力に売りたい、デザインによって効果的に商品の魅力を伝えたい場合は自社販売サイトが向いています。
月々のコストはモール型のように出店料が無いですが、システム使用料が発生します。初期費用と手間がかかりますが、モール型ほど月々のランニングコストや手数料は大きくないことが多いです。
また、決済や個人情報などがあるので、セキュリティが確立したシステムを導入が必須であり、通常のコーポレートサイトより制作費用は数倍かかります。しかし実店舗の開業・運営経費(人件費・テナント代など)と比較すれば安い場合が多く、EC市場は毎年、伸びが続いているので販売方法としては非常に魅力があります。ECカートシステムも幾つかあり、それぞれの特徴があるのでホームページ制作会社に一度相談してみてください。デザインのカスタマイズを重視するのか、初期費用を抑えるのかなど、優先する事項によって選択肢も変わってきます。

ネットショップ・ECサイトとは

作成ポイント

ECサイトを作るには、まずECサイトの方向性を決定します。例えば、ターゲット層・販売商品・ブランディング・運営方法などです。そして、モール型か自社型かをまず決める必要があります。両方のサイトを設ける事もできますが、準備・予算もあるので、順に様子を見ながら出店するか1つに絞ります。両方のメリット・デメリットを考慮して適切なものを選びましょう。

モール型であれば、規定システムを使いながらを実践し、必要画像と商品詳細・文章を用意して登録をすることでネット店舗としてカタチになります。

自社販売サイトでは方向性を決めた後、ECサイトプロバイダーを決めます。各社特徴があるので、制作会社と相談をしながら自社に合うものを決定します。
その後、本格的に制作スタートとなり、サイト設計、デザイン、コーディングなどへ進みます。
売りたい商品やテーマに合わせて制作を進め、同時に商品の撮影やコンテンツの考案など、準備には手間がかかります。

そして、完成後にようやく営業開始です。まずは、サイトを訪問(来客)がなければ何も始まりませんので、集客に力を入れます
サイト公開直後はSEOにも強くはないので、リスティング広告やSNSなどを駆使してECサイトへの流入を増やすことも一つの戦略です。その後、実際のお客様からの反響が得られるようになれば、サービス・商品の営業戦略も立てやすくなり、それをECサイト運営へ反映することができます。

ネットショップ・ECサイトとは

ネットショップ・ECサイトの基本的なコンテンツは次のようになります。

  • 商品情報
  • ショッピングカート
  • 個人情報保護方針・プライバシーポリシー
  • 免責事項(特定商取引法など)
  • 特集ページ
  • 商品レビュー
  • 利用規約 など
PAGE TOP