日本語Webフォントを活用した美しいホームページづくりを

ホームページに表示される文字のフォントにはさまざまありますが、Webフォントを使用するかどうかで、ホームページの見え方や効果に大きな違いが生まれます。

最近採用するホームページも増えている、日本語Webフォントについても、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

Webフォントを利用するメリット

Webフォントはパソコンの文書作成ソフトやメールなどに搭載されているフォントとは異なり、ホームページ専用のフォントです。

一般的なフォントはホームページで使用しても、閲覧するユーザーのパソコンやスマホにそのフォントが入っていないと、別のフォントに転換されてしまったり、最悪の場合、文字化けしてしまいます。

これに対してWebフォントはWebサーバーやクラウドサーバーなどの設置されているフォントサーバーからフォントを読み込みこんで、ホームページの文字を表示する仕組みなので、ユーザー側の事情を問わず、同じ文字を表示させることができます。

デザイン性の高いフォントを使ってホームページの印象をアップさせたいというニーズも、Webフォントを使えば、ユーザー側の事情やデバイスを問わず、使用したフォントで表示できるのです。

ヒラギノ和文フォントシリーズ

欧米で作成されたフォントとは異なり、漢字やひらがな、カタカナなど日本の文字を美しく表現でき、和風な文化や日本らしさをアピールできるのが日本語Webフォントの魅力です。

ヒラギノ和文フォントシリーズ

中でもヒラギノは有名で、字游工房という日本の制作会社がデザインした書体で、行書体や明朝体などの和文フォントシリーズがラインアップされています。

オーソドックスながらもシャープでクールなデザインで、Macに標準搭載されています。

メイリオ和文フォント

メイリオというと外国語のように聞こえ、日本語のイメージがないかもしれませんが、ネーミングの語源は日本語の明瞭(めいりょう)という言葉を変換させたものです。

メイリオ和文フォント

パソコンなどのディスプレイで、遠くからでも読みやすく、明瞭であることが名前の由来となっています。

視認性と判読性に優れており、明快で読みやすい和文フォントです。

2006年にリリースされたWindows Vistaのシステムフォントとして開発されましたが、現在ではWindowsだけでなく、Macにも標準搭載されています。


まとめ

Webフォントはユーザー側の事情やデバイスを問わず、ホームページ制作者が意図するフォントで表示できる仕組みです。

日本語Webフォントはひらがなや漢字などの日本文字を美しく表現でき、和のイメージを与えることができるデザイン性にも優れています。

ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

First Step Design|Facebook

TOP