企業におけるキャラクターデザイン

近年はゆるキャラブームやアニメ人気もあり、企業でもキャラクターを作成するケースが増えています。
企業においてキャラクターをデザインする際、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

目的を明確に

企業でキャラクターを作成するといっても、その種類はさまざま考えられます。
企業そのものをアピールすることや親しみを持ってもらうためのキャラクターをはじめ、テレビCM専用のキャラクター、特定のブランドや特定の商品専用のキャラクターもあります。

最近ではSNSの公式アカウント専用や、ホームページのチャットボット専用など、ネット向けのキャラクターを作成する企業も増えてきました。
何をアピールするために、どのジャンルでキャラクターを作りたいのかを明確にしましょう。

ターゲットを明確に

キャラクターを作るといっても、最初は極めて漠然としているものです。
ターゲットを絞ることで方向性が決まり、どんなキャラクターを作るかのアイディアも湧きやすくなります。

企業キャラクターの場合、事業内容がBtoCなのか、BtoBなのかでまったく異なります。
BtoCの場合は、企業のターゲット層や取り込みたい客層によってデザインが変わってくるはずです。

ブランドや商品開発が、それぞれのターゲット層に合わせてデザインしていくことが大切なのと同じです。どのようなモチーフを使うか(例:人間のキャラクター?動植物?ロボットなどの無機物?架空の物体?)、ターゲット層に合わせてデザインをしていきます。

企業における キャラクターデザイン

ターゲット層とともに、企業やブランド、商品のイメージとかけ離れず、むしろ、そのキャラクターを見たら企業やブランド、商品のイメージがしやすくなるデザインがポイントです。

複雑すぎないデザイン

力を入れすぎるあまり、もっとおしゃれでかっこよく、個性的でほかにはないデザインを、などと頑張ってしまいがちです。
ですが、ターゲット層をはじめ、多くの人に受け入れられ、普遍化していくキャラクターを作るには複雑すぎてはいけません。

小さなお子様が面白がって描いいたものや、絵が下手な人でもちょっと真似できそうなくらいのデザインがおすすめです。

企業における キャラクターデザイン


商品やサービスよりもキャラクターが先に話題を集めることで、企業やブランド、商品にも親しみを持っていただけるということがキャラクターを制作するメリットでもあります。

まとめ

企業でキャラクターをデザインするにあたっては、目的やターゲット層を明確にし、複雑すぎず、みんなに真似して描いてもらえるような親しみやすいキャラクターをデザインすることがおすすめです。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

First Step Design|Facebook

TOP