原稿を書けと言われても難しい?コツ教えます!

たった3つを意識するだけでOK!読者に優しい原稿の書き方 

小学校に入学すれば、絵日記から始まり、作文や小論文と、文章の作成との長い付き合いが始まります。社会人になってからも報告書やプレゼンテーション用の資料などで、文章の作成が必要な場面に直面することもあるでしょう。誰もが読みやすい原稿を作るために、意識したいポイントがあります。

原稿の書き方で意識したい3つのポイントを紹介します。

PREP法を使う

学校では起承転結や序破急といった作文の書き方を習いますが、ビジネスシーンで最も用いられるのが、PREP法です。

PREP法では「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」のスタイルで文章を組み立てます。文章の最初に結論を持ってくることにより、「一番言いたいことが何なのか」を相手に伝えることができます。

理由や具体例で、読者のイマジネーションを掻き立てるような話題を盛り込み、締めくくりにもう一度、結論を述べることで、印象に残りやすい文章が完成するのです。

PREP

ビジネスシーンやWeb媒体においても、PREP法を用いることがスタンダードとなりつつあります。

オノマトペを取り入れる

オノマトペとは、擬声語や擬音語とも呼ばれます。

音を文字で表現したもので、「シャキシャキ」や「バタバタ」などの表現は日常生活でも、使うことが多いです。

たとえば、「甘い焼き芋を食べた」というのと「甘い焼き芋をハフハフしながら食べた」というのでは、臨場感がまったく違うことが伝わるでしょう。

onomatope

しかし、オノマトペを取り入れるにも、多少のセンスや法則が必要です。くれぐれも「甘い焼き芋をパリパリ食べた」などとならないように注意しましょう。単調な文章でもオノマトペを取り入れるだけで、グッと動きのある文章に仕上がります。

一文一義に則る

  • 一文一義だとわかりやすい
  • 文のねじれを防ぐ効果もある
一文一義

原稿の作成でミスを防止するには、「一文一義」に則ることが大切です。一文一義では、句点までの1つの文で1つことだけを書くのが鉄則。

1つの文の中で、2つや3つの事柄を述べようとすると、主語と述語が対応しない「ねじれた文」になることもあります。

「フィットネスクラブに行き、マシーンの使い方がわからなかったのでインストラクターの人に教えてもらいました」という文を一文一義で書くと「フィットネスクラブに行きました。マシーンの使い方をインストラクターの人に教えてもらいました。」となります。

一文一義は、読みやすい文章になるだけでなく、文のねじれを防ぐ効果もあります。

まとめ

PREP法、オノマトペ、一文一義の3つのポイントを意識すれば、おのずと読みやすい原稿が仕上がります。この基本も、どんどんアレンジして、読みやすい原稿を作成してください。

ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

最近の記事 おすすめ記事
  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

First Step Design|Facebook

TOP