会社情報ページの作り方のコツや必要性について

会社の商品やサービス内容が素晴らしくても、もし会社情報のページがほとんど何も書かれていなければ見ているユーザーは不安になります。
大手企業で誰もが知っている場合を除き、会社名を見てもピンとこない方もいます。
商品は素晴らしいけれど、本当に購入しても良いのか判断する際に会社が信用できそうかどうかを見るのです。
会社情報ページは大変重要な役割を果たしているので必要であり、作り方を知らないと信用を落としてしまうので慎重に行いましょう。

なぜ会社情報ページが必要になるのか?

どんなにサービスや商品に魅力を感じても、特にネットの世界では実物を触って確かめているわけでもないためユーザーは不安も感じています。
もしかしたら騙されているのかもしれないと疑いを感じながら、ホームページをチェックしている人もいるかもしれません。
信用ある会社か判断するためにも、商品やサービスを実際に購入する前にどんな会社かチェックするのです。

会社情報ページの作り方のコツや必要性について

項目の中でも一番最後に会社情報を置く場合も多いですが、実はホームページの中でも重要な役割を果たしています。
商品やサービスについて知ってもらいたいからといって、会社情報ページを希薄にしてしまってもいけません。

企業名と住所、電話番号があれば良いだろうと考えるかもしれません。
あまりにも必要最低限過ぎると、情報がしっかりと得られないと感じてユーザーは商品やサービスの購入をしない可能性もあります。
ここに会社が設立してから今までどのような活動をしていたのか、住所と一緒に一目でわかる地図があるなど、工夫があるだけでも信用度が変わります。
自分が1人のユーザーとして会社について知りたいと思った時、何について書かれていれば安心するのかを考えて作成すると良いでしょう。

だいたい決まった事項はある

企業のホームページで、会社情報ページを見るとわかりますが、だいたいどこでも同じようなことを記載しています。
中には簡素的に書いている企業もありますが、ある程度項目は一定の量を書いたほうが信頼へとつながりやすくなります。

会社情報ページの作り方のコツや必要性について

特にインターネットでは見えてくる情報が少ないため、どんな企業かわかると安心して買い物しやすくなるのです。
基本的には、会社名、住所、電話番号、受付時間、事業内容を入れます。

さらに、従業員数や資本金、売上高や許可、登録、免許なども記載すると良いでしょう。

特に企業として事業を行う際に免許がないと運営できない業務を行っているのであれば、免許の番号を一緒に載せましょう。

それだけで、ユーザーは免許番号を記載しているから嘘のない会社だと感じてくれます。
信頼を得られる情報があれば、積極的に記載しましょう。

載せ方のコツを覚えよう

だいたい載せておけば良い基本的な項目がわかったところで、会社情報ページを作る時に何を載せればさらに信頼を得られるのかを紹介していきます。
起ち上げたばかりの会社で、これから頑張るところではない場合、歴史があるでしょう。
ユーザーは、昔からあり長く続いている会社=信頼できる会社と感じる場合もあるため、歴史が長い場合は大いに宣伝するのがおすすめです。

会社情報ページの作り方のコツや必要性について

沿革を見て、ユーザーが素晴らしい会社だと感じられれば、即商品やサービスの購入にもつながりやすくなります。

何か有名な賞などを獲得しているなど評価された過去があれば、一緒に記載しましょう。

実績もしっかりアピールすると、これまで会社の情報を知らなかったユーザーに信頼されやすくなります。
基本的な会社情報だけでなく、同じページに社長の顔写真や考え、モットーも一緒に載せると良いでしょう。
会社情報を見た時に写真があると、どんな人がいる会社かわかるため安心につながります。
資本金や売上高を気にしているユーザーは一定数いるため、面倒がらずに載せておくと良いでしょう。

電話番号を載せる際も、そのまま番号だけを記載せずに受付時間の詳細を載せましょう。
せっかく興味を持って聞きたいことがあって電話をしたのにつながらないとなってしまうと、不安を持たれてしまいます。
たとえば、朝9時から6時までつながり、平日のみ、年中無休など休みの日も一緒に記載すると良いでしょう。
一緒にお問い合わせフォームがある場合、記載しておけば、電話よりもメールを好む方もすぐにクリックをして質問しやすくなります。
悩んでいるユーザーの質問をすぐに受けることができれば、そのまま売上につながりやすくなります。


まとめ

メインは商品やサービスの紹介になってしまうので、あまり会社情報ページに力を入れていない企業もあります。
しかし、ユーザーは会社について知った上で商品やサービスを購入したいと思う場合が多く、会社情報ページをクリックして確認しています。
必要な情報が載っていない、簡素的だと、信頼して良い会社かわからなくなり不安を抱かせてしまうので注意が必要です。
記載しておくと良い情報は、省略しないですべて載せましょう。
さらに、歴史がある会社は詳しく沿革を書き、社長の写真や挨拶、電話番号と一緒につながる時間帯や休日なども記載するようにするとさらに信頼されやすくなります。

やりたいことを上手く伝える自信がない!
聞いてみたいけど営業がしつこかったらどうしよう?
ファーストステップにお任せください。
じっくり相談でも、お任せスタイルでも、ご予算に無理のない範囲で最大限の成果を。
メールやSNSで気軽に質問、時間や場所に囚われないオンラインビデオ会議、貴社ご訪問で打ち合わせ…ファーストステップは柔軟に、あなたの「やりたい」にお応えします。

無料相談

ウェブサイト制作のご相談やご質問などお気軽にお問合せ下さい。
tel.052-414-7327
営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

無料相談フォーム 》

主な訪問エリア
名古屋市、あま市、津島市、大治町、蟹江町、清須市、稲沢市、弥富市、一宮市、北名古屋市、愛西市、尾張旭市、飛島村(その他の地域、都道府県もまずはご相談ください)

ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

関連記事

無料相談

ウェブサイト制作のご相談やご質問などお気軽にお問合せ下さい。

tel.052-414-7327

営業時間/9:00〜18:00 定休日/土日祝日

無料相談フォーム 》
最近の記事 おすすめ記事
  1. 会社情報ページの作り方のコツや必要性について

  2. ホームページ制作で心得たい見た目・レイアウトの統一感の重要性

  3. ホームページで実績紹介・施工事例を掲載するメリット

  1. 魅力的な製造業のホームページ制作・リニューアルの仕方覚よう

  2. 経営者は要チェック!看板デザインのポイント

  3. 欲しい人材が集まる求人用ホームページとは?

First Step Design|Facebook

TOP