ターゲットとは何か?知ってるようで知らないマーケティングの基本

マーケティングにおいて「ターゲット」という言葉はなくてはならないものです。

すでに当然のごとくビジネスの現場で使われていますが、果たして本当にマーケティングとしてのターゲットの意義を理解できているでしょうか?

ここでは本来のターゲットの意義や設定におけるポイントを解説します。

ターゲットを定める意義

商品やサービスの開発や販売において、より多くより幅広い顧客を獲得したいと考えるのは当然でしょう。

ただし、マーケティングにおいては、ターゲットも定めずに誰でもいいからたくさん売りたいというのは、事業を不成功に終わらせる原因となります。

いかなる商品やサービスにおいても、あらかじめ特定の層への訴求を目指す事が、効果的な売上につなげるための施策です。

ターゲットを定める意義

つまりターゲットが絞られている商品やサービスのほうが顧客が選びやすく、結果的に売れやすいと言えます。

これが、事業においてターゲットを絞るマーケティング戦略です。

ターゲットと定めた市場はターゲットマーケットと言い、ターゲットマーケットに向けて戦略的に商品やサービスを提供することをターゲットマーケティングと言います。

ターゲットを設定するときのポイント

当然ながらターゲットマーケティングで成功するためには、そこに合致した商品やサービスを提供する必要があります。

闇雲にターゲットを決めてもうまくマッチしなければ売上は見込めませんし、どこにチャンスがあるかは目を凝らして慎重に探す必要があります。

企業がターゲットを設定する際には、本当にそのターゲットが自社商品を買ってくれる相手なのかを見極める作業が重要です。

ターゲットを設定するときのポイント

ターゲットの設定はマーケティング戦略の基本であり、事業戦略、経営戦略につながる根幹です。

年齢や性別、属性などから顧客を分析し、どの層がもっともマッチするかを考察し決定することが重要です。

ペルソナとは

ターゲットとともに、ペルソナというマーケティング用語も耳にすることが増えました。

ペルソナとは、簡単に言えばターゲットをより細かく掘り下げた特定の人物像です。

たとえば、「40代既婚男性に向けたホビー用品の開発」というテーマより、「42歳、妻と息子を持つ社会人男性に向けたアウトドア用品の開発」と言われたほうが、具体的なアイディアを提案することができます。

ペルソナとは

このように、組織が同じ方向へ向かう際、共通認識のもととなる顧客モデルがペルソナです。

ペルソナが満足する商品やサービスの提供を目指すことで、よりビジネスを成功へと導くことができるでしょう。

・ターゲットを掘り下げたものがペルソナ

・ペルソナの設定で成功へ導きやすくなる


まとめ

ターゲットを定めることはマーケティング戦略の基本ですが、それが本当に適切かどうか見極めていくことが何より重要になっていきます。

自社の商品やサービスがターゲットと本当にマッチするのかどうか、事業戦略も含め、スタート時にしっかりと練りこみが必要です。

ヴェラスケス ルベン

ヴェラスケス ルベン

代表/ウェブディレクター/デザイナー/広告コンサルタント 出身:ペルーの首都リマ、居住地:愛知県。気が付けば来日して20年が経ちました。この国で家族をつくり、大切な仲間が増えました。これからもずっと日本で、大好きなこの仕事をやり続けます。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

  1. Webサイトの種類別に用途や目的を徹底解説

  2. ウェブ制作ヒアリングもビデオ会議で!

  3. なぜ会社によってホームページ制作料金が違うの?費用の疑問について解説

First Step Design|Facebook

TOP